英会話、読書、勉強メモ

英語学習、参加セミナー、読書についての感想や備忘メモです。

2017年11月~2018年1月 「天狼院 TOEIC パーフェクト・ゼミ」感想まとめ

昨日結果をアップした2018年1月のTOEICL&R。

khr-rh.hatenablog.com


このために行っていた、講座の感想をまとめました。

講座はこちら→【11月開講】TOEIC スコア伸び悩みの壁を破ろう!パーフェクトスコアラー思考を身につける「天狼院 TOEIC パーフェクト・ゼミ」〜誰でも・効率よく成長を実感できる集中講座〜《東京・京都・全国通信受講》 | 天狼院書店

【良かったこと】

・講師のPorporさんが毎日の宿題を表で出してくれる=勉強する量がわかる。

Facebookグループで随時質問に回答してくれる。

・月一回3時間と、拘束時間が短く、受講費が安い。(その分自力で学習が必要ですが)

 

そもそもTOEICについては、800点後半以上むけの講座の選択肢があまりないように思います。これから増えていくのでしょうかね。

【良くなかったこと】

教室天狼院書店)環境

ここが一番気になった点。この店は、講義をする環境ではないです。

講座の時間は営業時間外と思っていたら、普通に営業していました。授業中にお客様が入店すると落ち着かないし、本を見に来たお客さまたちも謎の講義をやっているので、居心地が悪そうでした。先生に近いほうの机数個は、本棚のBOXを代用していて書き物には向いていないし、椅子もものによってぐらついていました。カフェであれば味になるのでしょうが…。

・講師以外のスタッフの対応

連絡担当のスタッフさんはリモート勤務らしく、急な遅刻の連絡をしても開始時間が過ぎてから返事が来る、中継の通信が悪くても気づくのが遅いなど、スピード感がなかったです。常勤スタッフの人件費がないために受講料が安いのでしょうが、月1回、半日ぐらいは対応しても良いのでは。

店舗スタッフの方たちの愛想は良いですが、質問しても仕事の範囲外…という雰囲気で有料講座の対応かというとちょっと違うと感じました。

・ドリンク代

講座の際、毎回ワンドリンクオーダーが義務でした。受講料に含まれているかと思ったら、別料金で驚きました。金額的には1杯400円ぐらいなので、すごく高いわけではないですが、今回は先生の都合で3回講座が4回になったので合計1,260円。特急シリーズ1冊より高いし、飲みたいドリンクがないのに、1ドリンクの注文が必須というのは納得いかなかったです。

以上。

2018年1月TOEIC L &R 結果

 【2018年1月TOEIC結果】

1月28日受験の結果が到着し、15点アップの895点でした。Listening(L) 480/Reading(R) 415

いちおう自分的最高点だったので、良かったけど

あと5点取って、900点にしたかったー!!

しかも、自分の弱点のPart5と6を重点的に頑張ったのに、むしろRが5点下がっていて、Lが20点上がったので、微妙にショック…。

言い訳になりますが、11月以降仕事が非常に忙しくなり、ほぼ年内勉強をおろそかにしていました。

リベンジでもう一回とも考えましたが、今の自分の弱点である、Speakingを向上させたいので、3月にS&Wに初挑戦することにし、しばらくL&Rは受けなくていいかなと思っています。 

☆今回の結果と正答数について、金フレ著者のTEX加藤さんのブログが更新されていました。

texkatotoeic422.blog33.fc2.com

 

 

 

 

 

昨年年賀状をやめた話

年賀状を出すのがおっくうになって数年、50通ぐらい出していたものを昨年ほとんどやめました。あわただしい年末に「この人には出す?出さない?出す時はなんて書けばいい?」と悩む宛先が多かったのがストレスで。

○やめた理由

儀礼的に年賀状のみのやり取りになっている人が増えてきた。特に毎回「今年は会いましょう」と書いてあったので連絡を取ったら、「別に」的な返信だった人が複数。まあ社交辞令ってことですよね。

・印刷のみの年賀状を送ってくる人

・もう再開する気のない習い事の師匠(すごく良くしていただいたのですが、そこで習い事はもうやらない)…等々

 

とはいえ完全に出さないのではなく、年賀状でしか連絡が取れない人や先輩などには引き続き出す予定です。

やり方は、昨年の年賀状で「来年から年賀状を出さなくするので、できればメールもしくはFacebookでお付き合いを続けさせてください」とアドレスを記載して出しました。3人ぐらいから連絡をもらいました。

もしかしたら、年賀状は受け取っておいて寒中見舞いで「来年はご挨拶を失礼させていただきます」と書いたほうが良かったのかなとも思いましたが、送ってしまったものは仕方ないとあきらめました。ということで今年は10通少々。むっちゃ気が楽です。

ダレデモダンス@パーシモン小ホール

「ダレデモダンス」というNPO(?)の「Dancing The 美ボディ!」という90分クラスを受けてきました。

目黒ダンスタウン!! – ダレデモダンス

ストレッチ→筋トレ→振り付け「EZ DO DANCE」→最後に2回(インストで)ダンス。

ストレッチや筋トレも曲に乗ってやるのでやりやすいし、ハードだけど90分楽しかったです。

会場がホールだったので床が固くて鏡がないので、先生が向き合って教えてくれても左右間違う…(^_^;) 残念でした。

先生もすごくやる気が感じられる可愛らしい方でしたが、まだ教えることに慣れてない感じなので、慣れたらもっとよくなるのではと思いました(^_^)

 

Vital Healthcare(将来医療構想勉強会)「マジックと精神医学であなたの思い込みをはずす ~認知行動療法act入門」

12/1の会に行ってきました。

講師は医学部6年生でプロマジシャンでもあるという、志村祥瑚さん。

「思い込み」を外す具体的な手法を期待して参加したのですが、実践についてはありませんでした。ただ新しい療法の「ACT」について知ることができたのと、マジックの実践を含めたプレゼンが見られたこと、終わってから前向きな考え方になれたので良かったです。以下、自分用簡単まとめなので、実際の内容と違っているところがあるかもしれません。

【精神療法の流れ】

認知療法」1976年→マインドフルネス1982年→ACTが1999年とのことですが、まだ日本では研究が始まったばかりのようで、17年経っているのに?というのが不思議です。

今までの精神療法は、苦痛がないことをノーマルとしていたが、ACTでは「心理的柔軟性」→「避けられない苦痛(=人生の壁)を受け入れながら、有意義で豊かな外的行動を選択すること」だそうです。、仏教的なところがありますね、とは志村さんの談。

マインドフルネスもヨガと組み合わせたりしているので、仏教的なところがありますね。

精神疾患をPCのトラブルに例える】

HDD故障→脳挫傷認知症

OS不具合→うつ

原因不明→そううつ、統合失調症

 

【ACTの実践】ACT=Active and commitment therapyの略だそうですが、実際のステップもA→C→Tとして進む

Aは思考の受け入れ。「今ここに集中する」「すべての感情は味わう価値がある」

CはChoose、自分にとって価値ある行動を選ぶこと。

価値は動詞であり、名詞や受動態やゴールではない。縛られていると「思い込み」というツイッターで例えると「固定ツイ」になってしまう。TLとして流すということが必要。

そしてTとして、実際に行動してみることが大事、ということでした。

TOEIC天狼院パーフェクトゼミ 2回目

11月18日に講座2回目に行ってきました。

まずは1週間の学習状況をクラス内でそれぞれ発表。そのあと、Part3と4を中心に学習方法の話を聞き、最後の20分で実践練習。

次は12月なので、各自の学習計画を立てて終了しました。先週、学習計画に沿ってやってみたら一日2時間ぐらいは必要でした。平日はなかなか厳しいですが、模試をやってみたら、問題を解く力が落ちていたのでコンスタントにやっていかなくてはと思います。

 

TOEIC満点を目指して、講座に参加 11/11

しばらくブログを放置してましたが、タイトルの通り今月からTOEICの高得点を目指すことにしたので、書いています。

TOEIC高得点でも昇進や昇給には結びつかない残念な勤務先ですが、仕事上英語は常に必要なため、今年の夏は、前回の得点(880点)に見合った社内研修がないことを主張して、英語専門学校の上級者用短期講習に会社の費用で行くことができました。

そんなこともあり、久々にTOEIC受けて高得点を取ってみよう、それには期間限定でしっかり勉強するには独学だと挫折しそうと受講することにした理由です。

講座はこちら→【11月開講】TOEIC スコア伸び悩みの壁を破ろう!パーフェクトスコアラー思考を身につける「天狼院 TOEIC パーフェクト・ゼミ」〜誰でも・効率よく成長を実感できる集中講座〜《東京・京都・全国通信受講》 | 天狼院書店

講師はPorpor(ぽるぽる)さん→porpor 英語学習コンシェルジュ (@porpor35) | Twitter

1日あたり2授業x月1回の3か月講座ですが、初回の昨日11/11は講師の方の急用で1授業になり、次回は1週間後になりました。

1回目の内容は、「自分にコンサルティングをするための「SWOT分析」」が中心。自分のTOEICへの考えの分析、目標スコア、そのスコアを取った時のラストシーンなどを書き出し、みんなの前で発表。そのあとは学習計画や利用する市販のTOEIC本などの話でした。

f:id:khr-rh:20171112171602j:plain

大事なのは、未来の自分にアポを取って学習時間を確保し、勉強したら記録していくこと、というお話がなるほどでした。まずは一週間分の学習計画を立てねば。

そしてタイトルに書いた「満点を目指す」。少し前の自分なら『自分には大きすぎる目標なのでは…』と思ったでしょう。

でも、前回800点台後半まで来られたこと。そして講座で自分の目標スコアを980点(前回受験時の100点+)と発表したところ、ぽるぽるさんに「あと10点なら満点にしてみたら(笑)」と言われて、『確かに!』と腑に落ちたこと。満点目指すつもりでやれば頑張れるのでは?と思ったことから、あえてタイトルに書いて宣言してみました。

いままでの自分の勉強やスコアなどはこちら

khr-rh.hatenablog.com